ジスロマックはクラミジアによく効く薬です。1回の服用で効果が一週間続く特徴があり、手間もかからず経済的な負担も少ないです。心配されがちな副作用も少ないのでクラミジアにお悩みの方は安心して使用できる薬かと思います。

ジスロマックとクラミジアについて考えている男性

ジスロマックはどこのクラミジアに効く?

ジスロマックは性感染症のクラミジアを治す薬として有名で、完治率が9割を超える高い効果を発揮することから、ほとんどの医療機関で処方されています。アジスロマイシン水和物を主成分とするマクロライド系抗生物質で、クラミジアを中心に幅広い細菌に対しての殺菌的作用を示す治療薬のため、性感染症の治療以外にも様々な医療現場で利用されています。クラミジアと言えば、男性器または女性器に感染する性器クラミジアが知られていますが、近年ではオーラルセックスによる感染も知られていて、口腔内に感染する咽頭クラミジアといったものも存在します。これらの治療に使用されるのがジスロマックで、飲み薬として使用されることから、特定の部位にだけ作用するというわけではなく、体内のどこにあったとしても抗菌作用を発揮します。ちなみに、ジスロマックは服用してから体内で非常に長く留まり続けることが知られていて、ドライシロップなら1度だけ、錠剤なら1日1回で3日間飲み続けることで1週間は効果が持続します。一般的な薬剤は血液中に溶け出すことで効果を発揮しますが、ジスロマックは血液中の白血球に浸透して内部に停滞するという特徴を持ちます。細菌が感染している細胞には白血球が届けられ、人体に害をなす細菌を食べるようになっているのですが、この時に浸透した成分が細菌を攻撃するという仕組みとなっています。このような生体内の特定の部位に薬を分布させる仕組みをドラッグデリバリーシステムと呼びますが、ジスロマックは白血球を利用して様々な感染部位に薬を届けるようになっているのです。そのため、クラミジアが感染しているのであれば、どこであれ届けることが可能で、高い抗菌性によって治療ができるようになっているのです。

ジスロマックの服用は手間がかかりません

すでになんらかの病原体に感染している他人との接触によって、別の人にも感染し、周囲の人にも拡散してしまう病気として、感染症とよばれるものがあります。ごく身近な病気であるかぜやインフルエンザなどもこの感染症の一種ですが、これらはおもにウイルスが原因となっているのに対して、他にも細菌や真菌、原虫などといった、さまざまな病原体が原因となる感染症もあり、当然ながら、その症状も対処方法も異なるということになります。細菌が原因となる感染症に対しては、ジスロマックのような抗生物質を投与して、細菌が体内で増殖しないようにすることが、きわめて有効といえます。ジスロマックの場合には、かなり幅広い細菌に対して効果を発揮するとされており、たとえばブドウ球菌、連鎖球菌、レジオネラ菌、肺炎球菌などといったものがありますが、他にも細菌のなかでも多少特殊なものである淋菌、クラミジアや、細菌とウイルスの中間に属するといわれるマイコプラズマなどといったものに対しても、同様に有効性を発揮するものです。このジスロマックに関しては、服用に手間がかからず、いったん服用すれば、効果が長く持続するということでも知られています。1回の服用による効果が7日間とされていますので、続けて何日も同じように服用しなければならない一般的な抗生物質よりも、飲み忘れのおそれがかなり少ないということになります。ジスロマックの標準的な用量として、成人であれば、通常は有効成分500ミリグラム相当を1日1回、3日間に分けて服用することになりますが、尿道炎や子宮頚管炎のような性感染症であれば、多少多めの有効成分1000ミリグラム相当を、1回だけ服用すればよいことになっています。

ジスロマックにもジェネリックがあります

ジスロマックはアジスロマイシンを主成分とする抗生物質のひとつで、主に性感染症のクラミジアの治療に用いられています。剤形は錠剤、小児用顆粒、ドライシロップと複数が存在し、クラミジア以外にも細菌による感染症や抗炎症作用によって扁桃炎など症状を緩和する目的で利用されます。一般的な抗生物質よりも長く効果が持続するのが特徴で、本来なら1日2~3回の服用で数日間は飲み続けることが必要だったものが、ジスロマックは1日1回のみ、あるいは3日間の服用だけで、1週間は抗菌作用が続きます。そのため、治療期間中に飲む回数や必要な量が極端に減り、薬代が大きく削減できるようになります。とはいえ、ジスロマックは抗菌薬の中では薬価が非常に高いことが有名で、たとえ飲む回数が少なくなったとしても出費は大きいのです。日本でも認可されているので病院で処方されますが、必ず処方箋が必要なため、診察を受けることが必要となり、購入に手間がかかるのがジスロマックです。実はジスロマックにはジェネリック医薬品が存在し、日本では認可が下りていないので病院で購入することはできませんが、個人輸入によって海外から取り寄せることが可能です。同じ有効成分を使用して製造コストを下げたジェネリックなので、価格はもちろん先発医薬品よりも安くなっていて、ジスロマックよりもおよそ6~7割は安い値段で購入することができます。また、個人輸入では処方箋が必要ないので、わざわざ病院にいって診察してもらう手間も省け、交通費や診察代なども必要なくなるというメリットがあります。海外からの配送なので、自宅に到着するまでに時間はかかりますが、常備薬として購入することもできるので、抗生物質が必要という人にはお得な購入方法と言えます。

▼カンジダ症にはジスロマックよりもこちらが良いでしょう
かゆいだけじゃないカンジダを治そう!